夏に依頼を受けていたエアコンの分解掃除を行います。

こちらのエアコンは吹き出し口と、ファンにカビやほこりが付着しています。

15-09-10-01

いつものように養生後洗浄スプレーを噴霧し、高圧洗浄機で汚れを吹き飛ばします。

洗い流した水はカビなどで真っ黒です。

15-09-10-02

新品同様にピラピカとなりました。

15-09-10-03

こちらの日立のエアコンは、室内機のファンモーターが壊れて異常音が発生していました。

室内機を取り外して、モーター交換と分解掃除を行います。

ファンにはしっかりほこりが付いています。

15-09-10-04

室内機の熱交換器のフィンにも一部ホコリが付いています。

15-09-10-05

バラバラに分解して掃除をします。

ファンモーターを交換します。この交換作業が、室内機を壁に取り付けたままでは行えません。

15-09-10-06

室内ファンも取り外して、掃除すると新品同様となりました。

15-09-10-07

複雑な作りなので、分解・組み立ては大変です。

特に自動掃除機能付きは手間がかかります。

時に組み立て時にわからなくなることがあるので、途中に写真を撮っておかないと大変な事になります。

後はお客様宅に持って行き、パイプ等を接続し試運転を行います。

15-09-10-08

今回はとても手間がかかりました!でも、新品同様にキレイになると、私も気持ちががいいです。

やはり、仕事に余裕がある時期の秋や春がエアコンクリーニングには最適です。