いのちのバトン。

このような詩を読むと、自分一人のいのちではないんだな~と深く感じます。また、一日一日を大切に過ごさなくては思います。

16-01-02-02