本日は日立とダイキンのエアコンを取付します。

まずは既存機器を取り外します。

予想通り“貫通スリーブ”は取り付けされていません。

配管用の穴開けをすると壁の内部はこんな感じです。

このようなプラスチックの部材を使う必要があります。

この部材「貫通スリーブ」があることにより、

1,壁内部からの空気移動がなくなり、結露防止。

2,壁内部より小動物(ネズミ)等の被害防止。

3,冷媒配管・接続電線・ドレンホースの保護。

大切な役割がある部材です!

室内機を取付します。

配管接続後は真空ポンプにて配管内を真空にします。

これも重要な作業です。

もう一件の取付場所にもスリーブは使われていませんでした。

室内機を取り付けてしまうと、見えないのでほとんどの業者は施工していません。

配管の引き回しの関係で、スリーブの取付が出来ない場合がたまにありますが、

当店では手抜きなしで施工しています。

2台設置終了です。これでこの夏快適にお使いいただけます。

岡山市南区曽根のUさん、Nさん、ありがとうございました。