本日は2階へのエアコン新設です。

室外機は屋根上に設置、専用のコンセントも分電盤より配線となります。

室内機設置は、まずホルソーにて穴開けします。

いつものように「貫通スリーブ」を施工します。

このパイプには外気流入防止や、配管保護、小動物からの保護などの大切な役目があります。

そして配管接続後は、真空ポンプにて配管内の空気を抜きます。

電気工事も天井裏に入りキレイに配線できました。

そして、最後に試運転。

今日は暑くなりましたが、汗が流れ落ちるほどではない気温で助かりました。

初めてのお取引となりましたHさん、早期のご注文ありがとうございました。

これでこの夏は快適にお過ごしいただけます。