リビングのエアコン取替です。

室外機は風の吹き出し方向にブロック塀がある為、台の上に設置されています。

室内機の設置場所が効率の悪い壁面でしたので、90度位置を変えます。

こちらの壁だと台所に向かっていますので、冷暖房ともいい調子に気流が流れます。

換気口を塞ぎ、室内機取付板を取付します。

当然貫通パイプも施工します。この部材は必要な物ですが、ほとんどの業者は省いています。

室内機を設置すると見えなくなりますから省いているようです。

このパイプは、外気が室内に入ってくるのを防いだり、壁内からの小動物のイタズラ防止などの役目があります。

室内機を取り付けし、室外機とパイプなどを接続したら、試運転です。

今度は屋外側の配管パイプには、カバーを取付しキレイに施工しました。

電源のコンセントも移動したので、工事に時間がかかり夕方となりました。

室内機の設置場所変更で、気流の流れが台所に向かっていい感じとなります。

この冬、新しいエアコンで暖房の暖かさがバッチリ実感できますよ!

曽根のSさん、いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は暖房も