動いてはいますが、効きが悪くなったエアコンの取替をします。

屋外は配管カバーなしでテープ工事となっていました。

エアコンを取り外すと、「貫通パイプ」は施工されていません。

当店ではこのようなパイプを入れています。標準施工では必要な部材ですがはぶいている工事業者がほとんどです。

このパイプの役割は、外気の流入防止や小動物などのいたずら防止等の為に取付します。

屋外側はこんな感じです。

パテですき間をキッチリ埋めます。これで外気は屋内入ってきません。

配管カバーでキレイに施工出来ました。

こちらのお客様は、室外機を壁掛け施工です。

屋根の上での真空乾燥は、充電式の真空ポンプで行います。

こんな2階の屋根上は充電式が重宝します。真空チェック完了、バッチリです。

最後に試運転。今年も夏は暑くなるかな?エアコンさん、がんばってお部屋を快適にして下さいね。

茶屋町のGさん、岡山市南区西畦のIさん、ありがとうございました!