ご購入後8年目のエアコンの調子がおかしいと連絡いただき伺いました。

分解してみると、フィルターの奥側の熱交換器がすごいことに・・・

エラー表示は出ませんが、空気の吸入量が減り効率が極端に下がります。

この時期は分解クリーニングは行っていませんが、クリーニングが必要です。

故障などの場合は、春と秋のクリーニング時期以外でも行います。

分解出来る物は取り外します、養生を行い洗浄液の噴霧から始めます。

クリーニング装置も取り外し、ていねいに掃除をします。

高圧洗浄でカビやホコリを洗い流します。

このような黒い液体となって取り除けます。

元通り組み立てて試運転。

こちらのお客様も同様な症状でしたので、分解掃除を行います。

日立さんのお掃除メカは取外ししやすいので助かります。

でも制御基板に接続されているケーブル類は多いので慎重に行います。

新品時のように光ってきました。

お掃除メカを元通り取付します。

こちらも最後に、暖房の試運転。

これでこの冬気持ちよくお使いいただけます。