とても古いラジオを持って来られました。

電池受け側の金具が、液漏れにより腐食して壊れています。

基板などを洗浄し、銅製の電池受けを半田付けします。

電池受けの修理だけで直りました。単三電池3本装着するとちゃんと受信出来ました。

ネットで検索すると、昭和47年頃のラジオのようです。

西暦1972年、48年前。私は14歳、中学二年生なか。

私はワールドボーイGXOを買ってもらった事を覚えています。

最終的にはバラバラに分解しました。

50年近く経過すれば、基板のコンデンサが容量抜けでダメになると思いますが、

ちゃんと放送を受信出来るとは驚きです。