「ストーブがつかないので見て下さい」とお電話いただきました。

点火ボタンを押しても“ビビッー”と点火音はしますが、着火しません。

芯を触っても油が手に付きません?・・・・

これはどうも芯が水分を吸ったようです。

16-10-25-01

本体のタンク受け部に水が入っています。

ドラム缶より取り出した灯油に、底の水もいっしょに給油されたようです。

上の写真は取り外した“芯”です。

通常であれば芯を交換しますが、少しタールが付着しているだけで乾かせば大丈夫でしょう。

本体内部に入った水分をキレイに取り除き掃除をします。

16-10-25-02

芯もドライヤーなどで完全に乾燥させます。

そして元通り組み立てて、新しい灯油をタンクに入れ点火します。

16-10-25-03

ちゃんと点火し正常に炎が出てきました。

これでこの冬活躍してくれそうです。ドラム缶の底の水にはご注意下さい。数年に一回はドラム缶のお掃除お願いします。