本日は、接続部の不良によりガス漏れしたエアコン修理です。

下の写真は廊下の天井部で、配管接続部のガス漏れヵ所です。

目で見ただけではわかりません。ガス漏れ検知器で検査して、漏れている所がわかりました。

配管内にはまだガスが残っていますので、ポンプダウンか回収機にてガスを抜きます。

配管のフレアをやり直し、ナットなども新しいのに交換します。

真空ポンプにて真空にして、その後ゲージが戻らないか確認します。

ゲージがプラス側に戻らなければ大丈夫です。

次に規定量のガスを入れます。電子はかりにてこの機種の場合、1.7kg R410Aをチャージします。

そして試運転。吹き出し口に冷風が出てきました。

ガス漏れ故障はめったありません。エアコン故障で多いのは制御基板の故障です。

また、自動お掃除機能を過信しすぎでフィルターの掃除をしないでいると、目詰まりして風が出なく、冷えないことがあります。

特に台所に取付しているエアコンで、調理の油等がフィルターに付着すると、自動お掃除機能では取り除けません。ご注意下さい。