ずいぶん前から調子の悪かった愛車の修理をしました。

運転席側のパワースライドドアです。

以前にも2回ほど修理したことがあり今度で3回目です。

2回ともモーターの電子ブラシを修理しましたが、今回はモーターごと交換します。

 

ネットで部品がないかと探していたら、Amazonで扱っていました。

ちゃんと交換手順書も付いているし、特殊なドライバー(トルクスレンチ)も添付されています。

パワードアのスイッチはオフ・ドアロックレバーはロック側にします。

さてドアの内側を分解していきます。

内装材を取り外すと「リリースモーター」の入っている黒いボックスが現れてきました。

拡大!

ワイヤーを外し、ネジ3本など緩めてドアより取り外します。

今度は裏返してネジを3本緩めると金具が外れます。

そして小さいネジ5本を緩めると2つに割れ、交換するモーターが見えてきました。

ギヤなどが一緒に外れるかもしれないので慎重に行いましょう。

モーターは差し込んであるだけですので上に引っ張ると外れます。

ウォームギアを新しいモーターに取付します。

後は取り外した逆の順番で元通りに戻していきます。

内装材を取り付ける前に必ず正常に動くかテストしましょう。

そして、今回はレール部を掃除し動きが良くなるようにグリースを塗ります。

またローラー部には潤滑スプレーを噴霧します。

これで室内のボタンを押せば開閉が出来るようになりました。

またスムーズに動きますので途中で止まることもなくなります。

修理完了です。まだまだエスティマさんにがんばっていただきましょう!