築18年目となる自宅の建具を改造しました。

我が家ではワンちゃんを室内で飼っていますので、

引き戸のレール部にゴミや抜け毛がたまります。

戸車にも毛が絡まり開け閉めが重くなり、週に一度の掃除がかかせません。

建具(扉)を一式“吊り戸”に取り替えればカンタンですが、高額となります。

節約の為、大変でしたが現在の“戸”を改造しました。

このような“吊り戸金具”を戸の上側に埋め込みます。

敷居側の溝にレールを取付します。

建具に取付した吊り戸金具は、ソフトクローズ機能が付いていますので開け閉め時にブレーキがかかり、

“ドン”と音がせずブレーキがかかりゆっくりと最後まで閉まってくれます。

戸車用の金属のレールを取り除き、その溝に同寸法の木を入れ床面をフラットにします。

また、写真では見えませんが下部ガイドの取付も行います。

引き違い戸のあまり開閉しない側は、改造せず戸車のままで使用します。

これで開け閉めもスムーズに行えます、そして何より戸車の掃除から解放されました。

とにかく軽~く戸が動きます、感動です!

 

また、下の写真のように開き戸から、吊り戸への改造も上部にレールを取り付ければ可能です。

手などの不自由な方はとても操作がしやすいので、介護保険などの適用でリフォームできます。