「タンク部に水が入り止まらない、便器に水がいつまでも流れている」

の症状で伺いました。

止水栓を閉め、タンク部のフタを開けてみます。

真上からの写真です。ボールタップは正常なようですが、どうも結露防止の断熱材が劣化により変形してます。

水が適量溜まると、水を止めるボールタップ部品が、変形した断熱材に邪魔をされ動かなくなっていました。

変形した断熱材をカットして応急処置をしました。

これで水は止まってくれます。

便器も古いので、この際一式交換することとなりました。

後日節水型のトイレに新調しました。(完了の写真撮影は忘れていました。)