冬の季節は冷蔵庫の修理はあまりありませんが、たまたま同じような症状の冷蔵庫修理の電話コールがありました。

「冷凍は冷えてみたいだが、冷蔵室が冷えていない」症状です。

ご購入されて20年以上です。

順番に分解していき、冷凍室の奥にある冷却器を点検します。

ここまで分解するのが大変です。

やはり霜がビッシリ付着し冷気の循環ができない状態です。

もう一台も同じように霜つきでした。

自動霜取り回路などが故障するとこのような状態になり冷えなくなります。

ドライヤーで霜を溶かせば冷えるようになります。(下の写真は他の画像です)

これでしばらくは正常に冷えますが、また同じように霜が付いてしまいます。

今回は省エネの新しい冷蔵庫への買換となりました。修理するよりは買い替えた方が電気代の節約となりお得です。