今年も暑くなってきたので、忙しい工事の毎日です。

こちらの取替現場では、既存の内機を外すと、貫通パイプが施工されていません。

大事な工事の部材ですが、使用していない工事業者が多いです。

一つの役割が、屋外や壁からの外気の流入を防いでくれます。

2階ですので、室外機は屋根置き台に固定します。

こちらの取替現場も貫通パイプがありませんでした。

ちゃんと施工し、室内機取付板も石膏ボードアンカーでしっかり固定します。

屋外では配管パイプ取付後に、真空ポンプで配管内の空気を抜きます。

最後に試運転。

エアコン工事は簡単そうですが、取付時の部材・施工技術などでエアコンの寿命や、故障に関係してきます。施工業者選びは大切です。