初めて見るの商品の修理です。

お米の保温ジャーに似ています。

すしの“シャリ”を保温する物です。

温度を制御する部品が壊れていました。

製造元から部品を取り寄せして直します。

構造は簡単ですので、部品交換だけで完了です。

にぎり寿司のシャリは、こんな機械で少し温めているんですね。